• マーク・ケイ

毎夜訪れる影

最終更新: 2018年9月1日




今日は幼少期に経験した今でも不思議に思う出来事をお話ししたいと思います。

確か私が3〜4歳頃のことだと記憶しています。


我が家は寝室に布団を敷いて親子三人で川の字で寝ていました。 私は毎晩、布団に入って不思議な光景を見ていたのです。


父も母も寝静まった深夜、私は決まって目覚めました。

玄関に続く廊下の方から、真っ黒な人の形をした塊がスーッと寝室に入って来て親子三人で寝ている布団の廻りを、グルグルと時計回りに廻るのです。

私は、それが恐ろしくて恐ろしくてたまりませんでした。

真っ黒な人の形をした塊、そのように表現しました。私の当時の印象では人の影がそのまま起き上がったような感じ、または黒い煙が人の形になったような感じでした。


あまりに毎晩それが続くので、父にそのことを話しました。

すると父は意外な反応を示します。


「お前は見えてるのか。あれが来ても起き上がったり、声を上げたりしてはいけないよ、黙って見て見ぬ振りをしなさい」


どうやら父はその存在に気付いていたようです。


その日も、同じように親子三人川の字で寝ている寝室に、あの影が入って来ました。私は父の言葉を聞いて更に恐怖心が高まっていたので、たまらずに泣き声を上げてしまったのです。


するとその瞬間、その影が私に向かって迫って来たのです。人の形をしていた影が、1つの大きな球体のようになり、私の顔をめがけてスッと近付いて来たのです。


私は気を失ったのか、そのまま眠りについてしまったのかは定かではありませんが、気付いた時には朝になっていました。


私は昨夜の顛末を父に話そうとしましたが、あれほど注意されていたにも関わらず、禁を破って声を上げてしまったので、我ながら大変なことをしてしまったと言えないままでした。

霊は高い音や声に反応します。心霊スポット等での肝試しの類いで、大声を上げたり、甲高い声で悲鳴を上げたりするのは絶対に避けるべきですが、私があの時に上げた泣き声に、あの影はきっと反応したのでしょう。

今でもあの影は頭の中にこびりついて離れません。 一体、あの影は何だったのでしょうか。


そして何の目的があって毎夜、寝室を訪れていたのでしょうか。

あの泣き声を上げた晩以来、その影は二度と訪れることはありませんでした。



公式サイト内のブログをAmebaブログにも投稿しております(2018.8.16開設)

是非フォロー下さい。

『篁霊祥命師 マーク・ケイOfficialblog ELEMENTAL』


*Blog更新情報の配信希望はこちら


#実話 #怪談 #影

12/31/2018

鑑定のご案内

03/05/2019

ブログ 更新

Please reload

上の項目への遷移はメニュー表示からも可能です。

Copyright © 2010 ELEMENTAL WORKS All Rights Reserved.

魂の陰陽占術師
  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-flickr

​本サイトはSSL暗号化通信

により保護されています。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now